🌏ゆみしん夫婦の365日世界一周ブログ🌏

🌏ゆみしん夫婦の365日世界一周ブログ🌏

2017年3月で会社を辞め、4月から、しんじ(27歳)とゆみ(26歳)の、2人っきりの、ちょっと長い新婚旅行。

世界一周中のぼくがsimフリー携帯を買った理由

世界一周中のしんじです。

これから世界一周に行かれる方、現在世界一周中の方、海外に行くことが多い方でsimフリー携帯の購入を迷われている人もいらっしゃると思います。

世界一周中のぼくはもともとsimフリー携帯を持っていませんでしたが、世界一周中にsimフリー携帯を購入しました。

simフリー携帯購入の理由、買った携帯端末について書きますので、購入を考えていらっしゃる方は参考にして下さい。

f:id:shinjia305:20170712141406j:image

 

 

simフリー携帯ってやっぱあったほうがいいの?いらないの?

結論:その人のsimフリー携帯の用途次第

結局simフリー携帯で何をしたいのかによります。

例えばリアルタイムでブログやSNSを更新したかったり、緊急時のために何時でも連絡手段を確保しておきたいだったり。

そういった場合にはsimフリー携帯は絶対必要です。

でもブログも別にwifiある所であげればいいとか、お金を節約して旅したいとかであればsimフリー携帯はなくても全然問題なく旅できます。

ぼくの場合は必要だと思ったので買いました。その理由は後で詳しく書きます。

実際simフリー携帯なしで海外を約3ヶ月過ごせた

ぼくの普段愛用しているiphone 5sですが、日本で購入したのでsimロックがかかっています。simロックについては、様々なサイトで紹介されているのでご存じない方は調べてみてください。

そのためiphone 5sを海外でつかうことができませんでした。

しかし現地の無料Wi-Fiや宿、カフェのWi-Fiを利用して約3ヶ月間過ごすことができました。

もちろん宿によってはWi-Fiがつながりにくいといこともありました。

海外でsimフリー携帯がなくて本当に困る場面はほとんどない

実際に生活してみてもsimフリー携帯がなくて、困る場面はほとんどありません。

宿のWi-Fiで十分やっていけてました。

あ、あれなんだったかなーとか、ちょっとググりたいというときはありましたけどね。あとは行き先とか、あらかじめしっかり調べておけば、ノープロブレムでした。

結局simフリー携帯を買った理由

これからもsimフリー携帯をつかっていく予定があった

実はこれが1番大きい理由です。

これからもsimフリー携帯で生活していこうと思っていたからです。日本に帰ってからも、この先2〜3年は。なぜかというと、とにかく使用料金が安いです。

普通に日本の携帯キャリアで契約した時の値段よりも、simフリー携帯+現地のsimカードを使えば、3分の1の値段で済みます。simフリー携帯を使うメリットについては、たくさんサイトがあるので確認して見てください。

ブログやSNSの即時更新をしたかった

ぼくはブログをあげたり、SNSへ投稿をしていますから、それを即時で更新したい気持ちがありました。

あと何かわからないことがあったらその場ですぐ調べたいと思うので、やはりすぐにWifiにつなげられるといいな思っていたのがあります。

友だちとの街合わせの際の連絡手段として

世界一周中は誰かと待ち合わせということが往々にしてあります。

そのときに友だちが待ち合わせ通り来なかったり、宿のWi-Fiがつかえないということがあるとトンデモなく面倒くさいです。

なのでスムーズに待ち合わせができるようになるというのは、simフリー携帯を持ってるメリットだと思います。

なぜ購入がこのタイミングだったか

タイのチェンマイから次にミャンマーに行く予定です。ブログやネットで調べてみると、ミャンマーはWi-Fi事情がそこまで良くないようでした。

宿のWi-Fiがあっても、かなりスピードが遅いといったことがよくあるそうです。

その時に備えて、よいWi-Fi環境をととのえておきたかったからです。

どのsimフリー携帯にするか

タイのチェンマイでsimフリー携帯を購入

タイのにチェンマイでsimフリー携帯を購入することにしました。

simフリー携帯は、チェンマイの旧市街を北西に抜けると大きなショッピングモールがあって、そこの4階で売ってます。

下にGoogleマップを張っておきますので、参考にしてください。

携帯メーカーの違い

実際に歩き回って携帯ショップを探してみると、チェンマイの携帯ショップは以下の3社がほとんどです。

日本にもまだ進出していない携帯メーカーがありますので、少しだけそのことについて紹介しておきます。

Huawei

現在、ものすごい勢いのHuawei。

今やアップル、サムスンにつぐ世界3位のシェアがあります。

中国のメーカーです。

携帯も最新版のHuawei p10が発売されて、使い勝手やその価格の安さから、海外でも高評価です。

ちなみにチェンマイの宿の管理人さんもHuaweiの携帯を使っていました。

oppo

こちらも中国のメーカー。

かなりiphoneに似た携帯が多かったのですが、今は自撮りなどに特化した携帯電話を多くつくってます。

中国人の人たちは自撮りすごいですからね。ええ。自撮りカメラの性能が半端ないです。

美人モードやってみましたけど、シミ・しわすべて消えます。ええ。

vivo

まだ日本に進出してない中国のメーカー。

こちらの携帯は結構お高い。

というのも、高級志向で、スペック重視の端末を作って、他社と差別化しています。

実際にさわってみても、ぬるぬる動くし、デザインもかっこいいものが多かったです。

ぼくがHuawei p9 liteを選んだ理由

海外の電波に幅広く対応

海外に持っていくと使えない携帯もあります。

周波数帯が現地とマッチしない場合です。

その点このHuaweiは非国内専用機ということもあり、海外での使用に幅広く対応しています。

しかし行く場所によっては、対応していないキャリアもありますので、注意が必要です。

対応しているかどうかは、ネットで調べることができます。

「Huawei p9」「海外」と調べてみてください。

価格が安いのにハイスペック

なんといっても価格が7900THB(=26,349円)とsimフリー携帯の端末価格としてはそこまで高くないのに、相当高いスペックがあります。

指紋認証とか速度げきはやです。

普通に使う分にはぬるぬるサクサクうごきますので、よいとおもいます。

操作性などは、感じ方に個人差があるので、携帯ショップで実際に触らせてもらったほうがいいです。

ランキングサイトのレビューでも高評価

例えば日本の価格ドットコムや海外のランキングサイトでも高評価を得ています。

この価格にしてはGoodという感じです。

チェンマイの中古携帯市場にもほとんど出回っていない→みんながずっと使っている

実際にチェンマイの中古携帯があつまる市場で安く買えないかと思い訪ねてみました。15件ほどまわりましたが、どこの店にもHuawei p9 liteが置いていない。

話を聞いてみると、使い勝手がよく中古市場にあまり出回ってないということでした。

つまりそれだけみんなに使われているということです。

しかも買ってからずっと使われている、つかい心地のいいsimフリー携帯といえます。

まとめ

ということで、simフリー携帯を買うことについて書いてきました。

今迷われている方も、自分の世界一周のスタイルに合った使い方を検討されてみてください。

改めて言いますが、simフリー携帯がなくても全然問題ありません。

結局その人の用途次第だということです。

simフリー携帯を買うことでどこでもGoogleマップやGoogleカレンダーが使えるようになったことが地味にうれしいです。うれしょんです。ええ。

 

【世界一周ブログランキングに参加してます!】

こちらの世界一周バナーをクリックしてページが移行すると、ランキングが上がる仕組みになってます!

応援の1クリックよろしくお願いします!(^^)!

にほんブログ村 旅行ブログ 親子・夫婦世界一周へ
にほんブログ村

 

【合わせて読みたい!ゆみしん夫婦のおススメ記事ベスト3】

 

shinjia305.hatenablog.com

 

shinjia305.hatenablog.com

 

shinjia305.hatenablog.com