🌏ゆみしん夫婦の365日世界一周ブログ🌏

🌏ゆみしん夫婦の365日世界一周ブログ🌏

2017年3月で会社を辞め、4月から、しんじ(27歳)とゆみ(26歳)の、2人っきりの、ちょっと長い新婚旅行。

【ラオス】ルアンパバーンの絶対食べるべきおすすめローカルグルメ3選

どうも、しんじです。

今回はラオスのルアンパバーン滞在中に食べた、「絶対食べるべきおすすめローカルグルメ」をまとめました。ルアンパバーンに行った際は、ぜひ試してみてください。

カオソーイ

カオソーイとは

カオソーイは鳥ガラスープがベースの、中央に肉味噌がのってる麺料理です。

タイにもカオソーイという同じ名前のものがありますが、ラオスのものとは全然違います。 

f:id:shinjia305:20170706224747j:image

値段

一杯で20000KIP(=約273円)です。一応お店の看板も載せておきます。 

f:id:shinjia305:20170706224809j:image

お店の場所

道に面していますが、お店の看板などがないので、見落とさないように注意してください。

お店の外観はこんな感じです。

f:id:shinjia305:20170706223925j:image

おススメの食べ方

まず一番大事なのは、はじめに中央の肉味噌とスープを混ぜることです。これ地元の人たちもみんなそうしています。丸源でゆずおろしを混ぜるのと同じです。スープと混ぜ合わせることで程よい肉味噌の甘さとパクチーの風味がベストマッチ。半端なくうまいです。

 

僕はこのカオソーイに関しては、カボスは絞らない方が美味しいと思います。もしお腹が一杯になってしまったり、ちょっと味を変えたいと思った場合には、カボスを絞ってください。ガラリと味が変わって、こってりとした肉の風味が消え、さっぱりと食べることが出来ます。

 

あと安く食べれる「おこわ」も忘れないでください。これいいです。残ったスープにひたひたにつけて食べるのがGood。

f:id:shinjia305:20170706224802j:image

 【重要】お店の注意点

看板にも書いてありますがお店はAM7:30~AM12:00までです。午前中しかオープンしてません。しかもお昼前に売り切れてしまうこともあります。お昼に行くとしても、少しはやめの11時ころを目安に行くといいです。

 

ブッフェ

料理を選び放題のブッフェ

ひと皿にいくらでも盛り放題というブッフェ形式の屋台です。お皿には基本1回しか盛れないので、盛りたい放題持った方がお得です。安くお腹いっぱいになりたい場合は、ここが最高です。

f:id:shinjia305:20170706224055j:image

f:id:shinjia305:20170706224102j:image

値段

1人当たり15000KIP(=約206円)です。これでお皿を一皿もらえて、そこに盛り放題です。

お店の場所

ナイトマーケットのフードストリートです。入り口は細い道ですが、にぎわっているのですぐわかると思います。

 

盛るときの注意点

ブッフェなので沢山盛るのはもちろんですが、1回しか盛れないのでデザートなども忘れずに盛りましょう。

※ちなみにデザートを、盛り忘れても大丈夫です。店員さんにデザートを盛り忘れたと伝えれば、デザートを再度選ばせてくれます。

ブッフェを超格安で食べる裏技

この裏技は2人以上必要です。まず1人分の代金を支払って、むちゃくちゃ沢山盛ります。そして、2人でそれを食べるというもの。ただ店員さんに見つかると、お金を徴収されることがあるので、自己責任でお願いします。

ナイトマーケットの屋台

ナイトマーケットの屋台飯

ちょっとお金があるのなら、ナイトマーケットの屋台飯は、美味しくておススメです。

一品一品料理を注文する形式です。

f:id:shinjia305:20170706224159j:image

値段

2人で50000KIP(=約670円)でした。頼んだのは以下の写真の商品。

f:id:shinjia305:20170706224130j:image

お店の場所

ナイトマーケットのフードストリートにあります。先ほどのブッフェよりも大通り沿いにあります。

おススメの食べ物

カオニャオ(もち米)と鳥皮串のコンボは絶対おすすめです。ぜひ頼んで食べてみてください。これだけで相当おなか一杯になります。ちなみにカオニャオは5000KIP、鳥皮串は10000KIPです。

f:id:shinjia305:20170706224148j:image

以上です。ルアンパバーンのグルメを楽しんでくださいねー☆